太刀を担ぎつつもやっぱりハンマーのことが忘れられない管理人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウラガンキン!

近々転職予定・・・なつです。
転職といってもバトルマスターとかパラディンなんかになるわけじゃないんですぜ?←知っとるわ
・・・今遊び人つったヤツ表出ろ!(メ゚皿゚)ノ←はよ進めろ

えっと、どうして今更転職を思い立ったか・・・というと、今夏にでもAちゃんと二人暮しを始める予定で、そうなると現在のお仕事ではいささか都合が悪い点がありまして^^;
まず勤務時間の食い違いが一番大きな理由ですね。
Aちゃんは朝~夕方にお仕事をしているのに対して、僕は昼~夜のお仕事ですのでものの見事にすれ違いが発生してしまうわけで・・・
二人暮しするってのに、すれ違いばっかりだと精神衛生上良くありませんし、家事の分担などさまざまな面で支障をきたします。
夜ご飯を顔合わせて一緒に食べられないって嫌じゃないですか^^;

その他にも現在の職場は不景気の波に飲まれてもりもりと人員削減を進めてますので、万が一にも二人暮しを始めた後に僕が解雇されるような事があっては困るわけです。
そんなこんなでいささか急だった感がありはするものの、現在の職場を退職し将来性のある安定した職を手に付けようと思った次第であります。
まー実際何の仕事に就くのかは置いておいて、就職活動頑張りますよ^^

それでは本題へ。

いつの間にやら11回目となったモンスターに関するお勉強記事ですが、今回は獣竜種ウラガンキンを取り扱って行こうかと思います。
炭鉱夫やった事のある方には苦い思い出のあるモンスターかもしれませんが、決して悪い子ではないので邪険にしないであげて下さいね^^;

基本スペック
基礎体力値4300
怒り(90秒)攻撃力:1.3倍 全体防御率:1.2倍
行動速度:1.25倍


怒り時間がやや長く、攻撃力や行動速度の補正も大きめと手ごわい印象ですが、弱点として全体防御率が上昇しこちらから与えられるダメージも増加するという特徴があります。
通常時の緩慢だった動作が大分機敏になり、攻撃のチャンスを掴み辛いこともあるでしょうが、対ウラガンキン戦の戦闘時間短縮の鍵となりえる要素ですので怒り中の動きにも対応できるようになりたいところですね。
ちなみに僕はまだまるっきり対応できておりません(´・ω・`)

肉質(頭はアゴの部位破壊前、頭※はアゴの部位破壊後の肉質)
頭  切【19】打【20】射【10】火【0】水【40】雷【5】氷【20】龍【30】

頭※ 切【55】打【50】射【40】火【0】水【20】雷【15】氷【30】龍【35】

首  切【25】打【30】射【25】火【0】水【20】雷【0】氷【10】龍【15】

背中 切【22】打【24】射【10】火【0】水【20】雷【0】氷【10】龍【15】

腹部 切【55】打【45】射【45】火【0】水【30】雷【5】氷【15】龍【30】

前足 切【25】打【30】射【20】火【0】水【15】雷【0】氷【10】龍【15】

後足 切【25】打【30】射【20】火【0】水【15】雷【0】氷【10】龍【15】

尻尾 切【35】打【30】射【25】火【0】水【25】雷【0】氷【10】龍【20】

尾先 切【22】打【24】射【10】火【0】水【35】雷【5】氷【15】龍【25】

パッと見て分かるとおり、かなり極端な肉質の持ち主です。
弱点部位は腹部部位破壊後の頭になるわけですが、それ以外の部位は物理属性(特に射撃属性)に対して総じて固めの肉質を持っています。
切断・打撃属性の武器であれば頭には弾かれないようにすれば何とかなる程度ではあるものの、射撃属性に対しては前作のアカムやティガレックスを彷彿とさせる無慈悲な肉質を誇ります^^;
ただし、見ての通り物理属性と逆に水属性龍属性の通りはかなり良く、無属性高火力の武器よりも弱点属性の武器の方が有利かなと思います。
なお、アゴの部位破壊を済ませれば硬かった頭が軟化し弱点となりますが、当然ながらウラガンキンの頭周辺は危険地帯ですので要注意です。
ちなみに上位ウラガンキンの部位破壊前のアゴに弾かれず攻撃するには切断属性は切れ味白、打撃属性は切れ味青を維持する必要がありますので武器やスキルの選択と砥石の使用は計画的に^^
部位破壊後は基本ほぼ全ての属性に対し軟化する頭ですが、水属性だけは部位破壊前は40%通りますが、部位破壊後は20%と通りが悪くなりますのでご注意を。
といっても物理属性の通りがかなり良くなりますので、弱点となる事には変わりないですね^^
切断・打撃属性は弱点特攻の適用範囲内ですが、射撃属性だけは40%と弱点特攻の効果はありませんのでこれも知識として覚えておくと無駄が省けるかもしれません。

補足(蛇足?):上位ウラガンキンのアゴを破壊するには。
まずアゴの部位破壊が成立する条件ですが、ウラガンキンの頭の怯み耐久値を2回0にすれば良いようです。
単純に言えばウラガンキンの頭を攻撃してからの怯みを2回発生させれば良いわけですね。
以下細かい数値のお話。(あまり興味のない方はスクロールして飛ばして下さい^^;)
基準となるウラガンキンの頭の怯み耐久値は250となっておりまして、上位ウラガンキン単体狩猟クエストの怯み倍率(モンスターが怯み辛くなる補正)が180%、つまり1.8倍です。
上位ウラガンキンの頭の怯み耐久値=250×1.8→450となります。
それじゃあ450ダメージ、大タル爆弾G(肉質無視の150ダメージ)3個で怯み一回?と言うとそうではなく、今度はこちらの与ダメージに影響を及ぼす全体防御率が関わってきます。
上位ウラガンキン単体狩猟クエの全体防御率は75%(0.75倍)となっていますので、大タル爆弾Gのダメージも112まで落ち込みます。(150×0.75=112.5→小数点以下切捨てのため112)
ここからは完全に机上の空論ですので参考程度に^^;
最終的にウラガンキンのアゴの部位破壊を達成するのに必要なダメージ量は900(450×2)
全体防御率75%と合わせると実質1125(900÷0.75)相当のダメージ量が必要になるわけですね。
前述した肉質と合わせると物理属性の攻撃で破壊しきるのはかなり難儀ですので、属性武器を使用したり爆弾を利用するなどした方が良いでしょうね^^;

アゴを楽に壊したい方はライトボウガンでアゴめがけて水冷弾を乱射するなり、剣士の場合は睡眠特化オトモを二体引き連れて睡眠爆破をやるのも良いかと思います。
実際に上位のウラガンキンに睡眠爆破(大タル爆弾G2個使用)を実施した際の予想ダメージは以下の通り。
全体防御率を含めた大タル爆弾Gのダメージが112なので112×3(睡眠時の初撃ダメージ3倍)+112=448となり一回の爆破でアゴの怯み耐久値450をほぼ削りきる事ができるみたいです。
なお、イベクエの極小サイズのクルペッコ亜種が呼ぶ極小サイズのウラガンキンは全体防御率70%・怯み倍率200%とかなり頑丈になってますのでアゴの部位破壊は更に困難になってます^^;
そもそもあのサイズのウラガンキンの頭を狙って爆破できるものかどうかはともかくw

蛇足長い上に分かり辛くて申し訳ないです^^;
こんな文章でも書いてる本人にさえ理解できればお勉強記事の面目は保たれるのですw←なら何故公開したし

状態異常

ダメージ310(30秒) 耐性初期値150 耐性値上昇75(最大450)
麻痺
効果時間15秒 耐性初期値200 耐性値上昇100(最大600)
睡眠
効果時間30秒 耐性初期値250 耐性値上昇50(最大450)
気絶(スタン)
効果時間15秒 耐性初期値180 耐性値上昇180(最大900)

パッと目につくのは毒ダメージ量及び、耐性から推察できる毒の効果の高さです。
310ダメージはリオレウスなど一般的な飛竜種が155ダメージであることや、基礎体力値4300(上位単体狩猟クエの固体でも6000強程)を考慮するとダメージソースとしては悪くありません。
また、効果時間が30秒と短い(60秒のモンスターが多い)事は近作の毒状態のモンスターに対して毒の属性値を蓄積できない仕様に対して有利に働きます。
耐性値は最終的には450まで上昇しますが、75刻みでの上昇ですので複数回毒化させるのも容易です。
物理攻撃力の乏しく、手数の多い武器は毒化によるダメージに期待するのも良い手だと思います。
ただ、前述した通りウラガンキンには弱点となる水属性や龍属性の武器でも大きなダメージ源となりますので、この辺りは個人のプレイスタイルや好みの問題かなと思います。
ガンナーの場合は属性攻撃メインでもとりあえず1~3回程度毒化させると少し楽ができるかもしれません。
麻痺・スタンは効果時間が15秒と長く有用ですが、麻痺の耐性値は並程度、気絶耐久値は180刻みで上昇と毒ほど楽に誘発はできません。
特にスタンについては頭の肉質が固いため、アゴの部位破壊前に無理に狙うとスタンが取れても結果的にダメージ効率自体は落ちてしまいがちだと思いますので要注意です。
最後に睡眠ですが、効果時間こそ30秒と平均的ですが耐性の上昇率が50刻みとかなり控えめですので睡眠爆破など狙う場合は追い風ですね^^
ただし初期耐性値は250とかなり高めですので極端に眠りやすいというわけでもないみたいです。

オマケ:実際に戯れてみた。(集会浴場下位)



Q.集会浴場“下位”てwww

A.オマケの動画は僕の立ち回り練習風景みたいなもんですので、上位クエで長い時間ダラダラやってる動画よりもサクサク討伐できる下位クエの方が良いかなぁと。
というか撮影時間が長くなると画質が悪くなったり、僕の集中力が切れたり僕の集中力が切れたり僕の集中力が切れt←うるさい
楽がしたかったんです!。・:*(*ノ`)*:・。←黙れ

代わりと言ってはなんですが、ノーダメージとまでは行きませんが下位クエにて動画を撮る際はあからさまな被弾のない立ち回りができるよう頑張ろうと思います。
どのみち各モンスターの亜種の動画取る時は嫌でも上位クエやらないとですしねw

ウラガンキン戦で意識したのはガス攻撃を誘発して尻尾へのダメージ蓄積を狙った事と、ウラガンキンの上半身側に留まらないようにした事の2点。
前者はウラガンキンが攻撃モーションに入る前に股下辺りに位置取っていると高頻度(怒り時は更に頻度上昇?)でガス攻撃をしてきますので、攻撃判定のないアゴや尻尾先が隙だらけになるためです。
当然欲張って攻撃を続けているとガス攻撃の範囲からの離脱が間に合わなくなりますので、誘発するからにはいつガス攻撃が来ても対応できるよう手数を調節しましょう。
後者は出が早い、攻撃範囲広い、間髪入れずに数発繰り出すなどロクな事がない連続でアゴを叩きつける攻撃に対応しやすくするためですね。
これは特に意識しなくても弱点部位である腹部を狙っていれば自然とそういう立ち回りになるのじゃないかとも思いますけど。
まだまだ無駄の多い立ち回りだと思いますが、ちょっとでも参考になる部分があれば幸いです。

ではでは今回はこの辺りで。
また次回の記事にて~^^ノシ
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

なつ

Author:なつ
初めまして!の方や、お久しぶりです!な方は目を通して貰えると嬉しいです!
当ブログに関する概要・管理人のプロフィールなどなど

各種モンスターに関する勉強記事(書き終えたらその都度追加していきます。)
【飛竜種】
リオレウス
リオレイア
ベリオロス
ティガレックス
ナルガクルガ
ディアブロス(亜種含む)
アカムトルム
【海竜種】
ロアルドロス(亜種含む)
アグナコトル
【獣竜種】
ボルボロス
ウラガンキン
ドボルベルク
イビルジョー

頼りになる狩友さんのブログ集
絶賛相互リンク中!いずれも個性派の方が管理人を務めている素敵なブログ様です。これからどんどん増えて・・・いくと良いな!!
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
Twitter始めました!
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    アクセスカウンター
    Flashカレンダー
    月別アーカイブ
    実況とかプレイ動画とかいろいろ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。