太刀を担ぎつつもやっぱりハンマーのことが忘れられない管理人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカムトルム!

近頃鼻水が止まりません、なつです。

初っ端から汚い話してごめんなさい^^;
実は僕アレルギー性の鼻炎持ちでして、ちょいちょい鼻がグズグズする日があるんですよ(´・ω・`)
で、最近はなんか暖かくなったな~と思った矢先にまた冷え込んだり・・・と結構温度差があったもんで、余計に鼻がグズグズと・・・困ったもんです。

汚いついでにお話すると、僕鼻が噛めないんですよ^^;
“チーン!ズルズル・・・ブシャッ!!”ってやるのがどうしてもできなくって、鼻水出た時はいつもティッシュで鼻の奥までグリグリして処理します。
そのせいで今みたく数日にわたって鼻の調子が悪い時期は鼻の中がすれてヒリヒリしちゃいます(´・ω・`)

早いトコ暖かくなって欲しいもんですね^^;

そんなこんなで本題ですよ!
リオレウス、ティガレックス、ディアブロスと続いてきたこのシリーズの第4弾は最早ATMなどとは呼べない強さを得て帰ってきたアカムトルムでございます!Σd(゚∀゚d)
というか今更ですけど、ほんとこのシリーズって何の規則性もないですよね^^;
一番メジャーだと思われる飛竜種ばっかり取り扱ってはいるんですが、獣竜種や水竜種にも結構な数のモンスターいますし、どうしたもんですかね・・・w
そもそも看板モンスターすらまだ取り扱ってないと言う体たらく・・・まぁ書いてるのが僕だから仕方ない話です('◉◞⊖◟◉` )

では恒例の基本スペックをば・・・
基礎体力値9000 怒り(100秒)攻撃力:1.4倍 全体防御率:0.8倍
行動速度:1.3倍
備考:一部の牙を使った攻撃に防御力ダウン(-50%)が付加される。

過去作でラスボスとなっていただけあって、さすがの数値と言いますか^^;
怒り時は単純に数値だけ見るとディアブロスの怒り時よりもえげつない強化っぷりですね・・・時間も長いですし、通常の飛竜種とはやはり別格ですね。
ちなみに全体防御率0.8倍というのは具体的には元々のクエストに設定されている防御率が75%(最終的なダメージが0.75倍)ですので、そこから更に0.8倍されてから60%になると言う事になります。
挙句の果てには防御力ダウンのオマケ付きですし、さすがの強さですね^^;

肉質!【通常時/腹部破壊後
頭  切【50】打【50/55】射【65/70】火【0】水【5/15】雷【20】氷【0/5】龍【20/25

首  切【35】打【30/40】射【15/20】火【0】水【5/10】雷【15】氷【0/5】龍【20】

背中 切【20/40】打【25/35】射【25/35】火【0】水【5/10】雷【15】氷【0/5】龍【20】

腹体 切【35/45】打【40/50】射【25】火【0/10】水【5/25】雷【15/30】氷【0/10】龍【20】

前足 切【25】打【35】射【15/20】火【0】水【5/10】雷【15】氷【5/10】龍【20/25

後足 切【30】打【30】射【15/20】火【0】水【5/10】雷【15】氷【0/10】龍【20】

尻尾 切【30】打【25】射【30/35】火【0】水【5/10】雷【30】氷【0/5】龍【30】

すっげぇ手間かかりました!(#`皿´)
とまぁその割には相変わらず見辛い表ではありますが、とりあえず腹破壊前と破壊後の肉質が黒wikiでは別個に表記してあったのでこちらでは並べて記載してみました。
これで肉質がどのくらい変わってるかが分かりやすくなった・・・と思います、多分w
前作は射撃属性に対して無慈悲なまでの肉質を誇ったアカムですが、今作では頭に65%とかなりダメージの通りがよろしいです。
・・・が、そのせいか腹部破壊前は頭以外の射撃属性に対する肉質が鬼のように固いです((;゚Д゚))
と言うわけで、想像ではありますが弓にしろボウガンにしろ貫通弾撃つよりも、頭にバンバン連射矢なり通常弾なり撃つ方が効率としては良さげかと。
もちろんアカムの頭正面は危険地帯でもありますのでそこは状況に応じて立ち位置や攻撃する部位を変えていく必要がありますね。
弓の場合は龍属性の弓で背中に曲射でも良い感じにダメージ与えられそうな気もしますね、想像ですけど^^;

切断属性に関しては一番柔らかい頭でも50%と他の飛竜ほど極端にダメージが通るというわけでもなく、腹に35%、後足に30%と狙いやすい部位に対してでもダメージが通りますので部位破壊を狙わないのであれば特に頭狙いに固執することもないかなと言った印象です。
もちろん安全に狙うことができるのであれば頭をザクザクとやる方が良いですけど、やっぱり危ないです^^;
と言っても腹下だとボディプレスや突進、後ろ足だと尻尾薙ぎ払いや旋回突き上げが怖いですので攻め放題というわけでもないんですけど・・・(´・ω・`)

属性に関しては龍属性が一番通りますが、雷属性も僅差で通りが良いです。
唯一、腹部破壊後の腹に対してのみ水属性も25%とかなり通りますが、あえて龍・雷属性を避けてまで選ぶほどではないかなと思います。
龍・雷属性に限ればどの部位に対しても15%~20%以上と十分なダメージが与えられますので無属性武器の出番は少ないかもしれませんね^^;

腹部の部位破壊後は全体的に肉質が軟化しますが、何故か切断属性に対しては一切柔らかくなりません(#`皿´)
ちなみに極端に肉質が変化するのは背中と腹部のみで、その他の部位に関しては5%ほどの変化に留まります。
射撃属性に対しての理不尽な肉質も腹部を破壊することである程度は緩和されますが、破壊自体に手間がかかりそうなので頭狙う方が早いかもしれませんね(´・ω・`)
この辺りは武器や自身の戦闘スタイルと相談して部位破壊を狙うか否かを検討すると良いかなと。
ちなみに僕は後ろ足>尻尾>前足>その他の部位といった優先順位で立ち回っていますので、尻尾切断以外は大抵の場合できません^^;

次は状態異常について。


ダメージ155(60秒) 耐性初期値400 耐性値上昇225(最大1300)
麻痺
効果時間10秒 耐性初期値350 耐性値上昇225(最大1250)
睡眠
効果時間30秒 耐性初期値350 耐性値上昇225(最大1250)
気絶(スタン)
効果時間10秒 耐性初期値240 耐性値上昇180(最大960)

見て分かる通り、あまりにも耐性が高すぎるため状態異常にはあまり期待できそうもないです^^;
スタンだけは幾分マシかと思いますが、それでも他と比べればというレベルです(´・ω・`)
投げやりな書き方になりますが、特に近接武器の場合は状態異常武器を狙うよりも通りの良い龍や雷属性の武器を担ぐほうが良いかなと思います。
ただ、麻痺に関してはパーティプレイの場合は爆発的な効果が期待できますのでその限りでもないかもしれません。
ちなみにアカムトルムは飛竜種ではあるものの、特別な存在であるとして疲労状態にならないそうです。

太刀での立ち回りとしてはアカムの上半身側に位置取るか、下半身側に位置取るかで意識するべき事が変わって来ると思います。
僕はソロの場合は基本的にアカムの右後足狙いで立ち回りますが、パーティ戦ではランスや片手剣担ぐ人と位置が被る場合があるので前足狙いに移行したりと割と適当です^^;

・上半身狙いの場合

尻尾薙ぎ払いがアカムの左側広範囲をカバーするので基本的にはアカムの左前足付近に位置取る事になります。
頭はついでに斬る程度で、他は腹や左前足をザクザク・・・
この場合怖いのはボディプレスと咆哮なんですが、ボディプレスは前動作が長いので無理矢理に手数を稼ごうとしなければ見てから避ける事が可能です。
振動部分に当たってしまっても、アカム自体の動作が緩慢ですので追撃を受ける心配もありませんしね^^
咆哮に関しても同様に体を起こす動作を見てからアカムから遠ざかるように移動斬り→回転回避でダメージ範囲から逃れる事ができるはずです。
怒り時は目に見えて動作が速くなりますが、1~2発当てて離脱を繰り返せばそうそう回避が間に合わないという事もないかと思います。
ただ、この立ち回りも完全に安定するわけではなく、アカムが地中に潜る動作に当たってしまったり、頻度は高くないものの突進を繰り出されると回避が難しかったりとリスクもそれなりに高いです。
下半身狙いの場合と比較して、ダウン時に弱点の頭を狙いやすいというメリットがあるのは確かですので臨機応変に・・・できたら良いなぁw←自身無しか

・下半身狙いの場合

前作で安置とされていた右後足に張り付いてザクザクやるのが基本ではありますが、今作ではその右後足にまで攻撃範囲が及ぶ旋回突き上げが新しく追加されてますので注意が必要です(´・ω・`)
他には咆哮も右後足付近までダメージ判定があるものの、やはり危険なのはこの突き上げになります。
攻撃力はもちろんのこと、場合によっては防御力ダウンの効果まで付いてきますので絶対に回避したい攻撃です。
とりあえずアカムの尻尾の付け根辺りには攻撃判定がありませんので、距離と取るのが間に合わないと思ったらそこへ潜り込めばやり過ごせます。
・・・が、微妙に位置がずれると空を飛ぶハメになりますので要注意です^^;
他に簡単な避け方として、回避性能+1を発動させた防具を使用してフレーム回避するという方法もあります。
タイミングさえ分かれば突き上げの動作が高速である事とと合わさって、驚くほど簡単にすり抜ける事ができますので回避性能使ってる方はお試しあれ^^
下半身狙いの場合はとにかくこの旋回突き上げをどうやって捌くかが鍵になりますので、自分なりに避けやすい方法・回避の間に合う攻め方を考案してみると良さげですw
上半身狙いと比較して、まとまったダメージを与えるチャンスは少ないですが、手数を出しやすく練気ゲージの強化がやりやすいのが魅力・・・だと思ってますヽ( ・З・)ノ
ちなみに右後足にぴったりくっ付くように位置取れば尻尾薙ぎ払いは当たりませんし、ボディプレスは移動斬りや回転回避でダメージ範囲から逃れられますので立ち回り自体は上半身狙いより楽だと思います。

まぁあくまで僕個人の立ち回り方ですので、他にもっと上手い立ち回り方がきっとあると思いますw
対象となるモンスターに対する理解を深めて、立ち回り方を考える・・・これもモンハンの醍醐味ですよね^^

オマケ:とある太刀厨の日常。
ちょっと頑張って“終焉を喰らうもの”
前に書いた弓の記事であまりにも呆気なく太刀での終焉クリアタイムが抜かされてしまった(23分45秒)ので、太刀厨の意地とプライドを賭けて記録更新に挑戦(#`皿´)
DSC00874.jpg

まー無理でした(´;ω;`)
嘘みたいだろ?これでもかれこれ15回程挑戦した中で最良のタイムなんだぜ?

いや・・・もうなんというか、これ以上やるとストレスで僕の毛根が絶滅しちゃいそうなので妥協しました^^;
とりあえず無死20分針は達成できたので良いんじゃないかとw
そ・・・それに弓で終焉やった時は1死20分針だったので、無死20分針の今回の方が上手く立ち回れたって事じゃないか!!
ちなみに例によって紙装甲防具での挑戦でしたので、防御力は弓使用時と20くらいしか差がありませんでしたとさw
とりあえず二頭同時狩猟クエでタイムアタックなんかやるもんじゃないと心から思いました^^;

大剣担いで見た。

DSC00876.jpg

最早、太刀厨ですらないというこの有様・・・仕方ないね^^;
特に理由らしい理由はなく、ふと思い立ったので新しく装備も作って振り回してみましたw

スキルはこんな感じ。
DSC00875.jpg

伝統的な切れ味・抜刀・集中装備ですね^^
巷ではW抜刀大剣が熱いという噂を耳にしますが、大剣でのスタンはあくまで応用の段階であると思ってますので、まずは基本となる抜刀攻撃→離脱を徹底的に身に付けようという魂胆ですw
ちなみに防御力は驚きの233!・・・馬鹿じゃねーの?(´・ω・`)

MH3ではいらない子とまで言われた強溜め斬りが、今作ではモーション値155・属性補正300%というあまりにもあんまりな性能を得て帰って来ましたので上手い事立ち回りに組み込んでみたいもんです(΄◉◞౪◟◉‵)b
・・・実際には強溜め斬りの始動には横殴り後、アナログスティックを入力しながら○という操作のアナログスティックの部分を見落としていて、慌てふためいたりとグダグダだったわけですが((;゚Д゚))

大剣使った感想とかはまた次回辺りでオマケとして書いてみようかなと思います^^
ではでは長くなりましたが、今回はこの辺りで!^^ノシシ
コメント
No title
おはようございま~す^^
アカム攻略記事拝見させていただきました^^
というのも、前作の2Gのときは、ガンスで楽勝なアカムが3rdでは
ものすごい苦手になりました(`ε´)ブー逆に前は苦手だったウカムのが
まだ、マシだったりするw アカムでソロはしたことないけど、PTでの
1乙2乙は当たり前、1捕食2捕食も当り前になってます(´・ω・‘)ショホ゛ーン

でも、この記事を見たからには、やってやりますともw
いつも尻尾のそばにいるので、尻尾の付け根の話は参考になります。
ちょっと、そこのところを踏まえて、立ち回ってみます^^
攻略記事お疲れまさまでしたm(_ _;)m

と、真面目にコメントしてみたo(〃^▽^〃)oきゃはっ♪
2011/03/08(火) 09:24 | URL | memory #DdMDrPns[ 編集]
Re: memoryさん
> おはようございま~す^^
> アカム攻略記事拝見させていただきました^^

なんか凄い恐縮ですww
一心不乱に書き続けてたら、えらい長くなっちゃって申し訳ないです^^;

> というのも、前作の2Gのときは、ガンスで楽勝なアカムが3rdでは
> ものすごい苦手になりました(`ε´)ブー逆に前は苦手だったウカムのが
> まだ、マシだったりするw アカムでソロはしたことないけど、PTでの
> 1乙2乙は当たり前、1捕食2捕食も当り前になってます(´・ω・‘)ショホ゛ーン

一つ一つの挙動が妙に早くなってるから・・・なのかしら(゚Д゚)?
ガンスの位置取りだとモロに旋回突き上げ喰らっちゃいそうですもんね^^;
僕はどっちかと言うとウカムの方が苦手なんですけど、やっぱり武器によって相性の良し悪しがあるんでしょうねw
・・・それ以前に腕の違い・・・?(´・ω・`)

> でも、この記事を見たからには、やってやりますともw
> いつも尻尾のそばにいるので、尻尾の付け根の話は参考になります。
> ちょっと、そこのところを踏まえて、立ち回ってみます^^
> 攻略記事お疲れまさまでしたm(_ _;)m

何回かやってると“ここ大丈夫なんじゃね?”と思える位置が尻尾付近に見えてくると思いますので、恐ろしいとは思いますがあえてガード固めて待ってみるのも良いかもです^^
ガチン!ってならなかったら、そこに判定は無かったという事ですのでw
ただ、ほんとに微妙な位置のずれでモロに喰らったりする事もありますので、竜撃砲とか踏み込み突き上げなどのハンターの位置が変化する攻撃は避けた方が良いかもです(´・ω・`)

・・・というか、いつから僕はMemoさんに上から物言えるようになったんだ・・・と((;゚Д゚))
参考になったようなら嬉しい限りです^^

> と、真面目にコメントしてみたo(〃^▽^〃)oきゃはっ♪

いやいや、いつもMemoさんは真面目にコメントして下さってますよw
“なんか今回はMemoさん控え目やな~”とか全然思ってませんから、全然!(΄◉◞౪◟◉‵)b←おいでませ東京湾
アカムさんについては近々今回の記事の内容を踏襲した動画を撮るつもりですので、良かったら見てあげて下さいな^^←宣伝乙
2011/03/10(木) 04:52 | URL | なつ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

なつ

Author:なつ
初めまして!の方や、お久しぶりです!な方は目を通して貰えると嬉しいです!
当ブログに関する概要・管理人のプロフィールなどなど

各種モンスターに関する勉強記事(書き終えたらその都度追加していきます。)
【飛竜種】
リオレウス
リオレイア
ベリオロス
ティガレックス
ナルガクルガ
ディアブロス(亜種含む)
アカムトルム
【海竜種】
ロアルドロス(亜種含む)
アグナコトル
【獣竜種】
ボルボロス
ウラガンキン
ドボルベルク
イビルジョー

頼りになる狩友さんのブログ集
絶賛相互リンク中!いずれも個性派の方が管理人を務めている素敵なブログ様です。これからどんどん増えて・・・いくと良いな!!
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
Twitter始めました!
    follow me on Twitter
    カテゴリ
    アクセスカウンター
    Flashカレンダー
    月別アーカイブ
    実況とかプレイ動画とかいろいろ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。